試乗 フォルクスワーゲンID Buzzコンセプト 2022年製品化まで待つ価値は

公開 : 2017.08.22 11:40  更新 : 2017.08.22 12:08

朗報 入門モデルの予定もあり

ステアリングは、タッチ操作に対応している。指先でスワイプすると、ID Buzzは目を覚ます。

目的地はツーリストが多く訪れる、カリフォルニアのモントレー・ペニンシュラ。絵になるではないか。

ちなみに2022年の生産開始時には、エントリーレベルとしてシングルモーター/リア駆動のモデルもラインナップに加わる予定。

動かすためには、指でステアリングに表示された「D」を選ぶ。EVのe-ゴルフをベースにした動力機関のおかげで弾丸のように滑りだす。レスポンスも良好だ。

フォルクスワーゲンは、「このボックス・コンセプトは、2000kg近い重量がありますが、それを感じさせないように仕上げています。多くの電気自動車がそうであるように、トルクフルな特性がそう感じさせるのです」と教えてくれた。

「コースティング・ファンクション」が効率を最適化していて、スロットルオフした際はモーターが駆動から外れ、フリクションロスを低減する仕組み。

ブレーキペダルを踏むか、さらにパワーを与えたい場合、再びパワーがピックアップされる。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事