試乗 フォルクスワーゲンID Buzzコンセプト 2022年製品化まで待つ価値は

公開 : 2017.08.22 11:40  更新 : 2017.08.22 12:08

きのうの「ID Buzz製品化」のニュース。とても多くのかたに読んでいただきました。というわけで、つぎは試乗記をご紹介します。現時点の状況、2022年まで待つ価値はあるか? の2点にスポットをあてます。

もくじ

ID Buzz 高度自動運転を見据えた構造
パワートレインの種類や航続距離は?
朗報 入門モデルの予定もあり
ID Buzz 現時点の乗った印象
あと4年 待つ価値はあるのだろうか

ID Buzz 高度自動運転を見据えた構造

ID Buzzは、モダンな電気で動くマイクロバスという一面と、フォルクスワーゲン伝統の「アレ」を融合させたクルマ。正式に2022年の生産開始が決まっている。

サイドのボディラインに沿ったドアハンドルを操作しドアを開ける。この動作も電気の力によるものだ。ドアが開いたところに広がる光景は、おどろくほど簡素。広大な室内空間が出現する。

フォルクスワーゲンによると。高度自動運転機能が備え付けられ、また手を放したドライバーが座っているフロントシートは、リアに座った乗員と対面できるよう、180°回転するようになっているという。

フロアは525mmと少し高めの位置になっているが、これは衝突時のフロントエンドの衝撃吸収スペースを兼ねている。長い3300mmのホイールベースもそういう理由からだ。

フロアは高めとはいえ、ステップが設けられていて、キャビンへの搭乗には問題ない。

初めて乗った感覚は、「視点のなんと高いこと!」ということだった。

シートポジションが高いことに加え、ベルトが胴体をがっちりホールドしてくれる。またフロントウインドウとクオーターウィンドウの組み合わせは素晴らしい見晴らしの良さをもたらす。

ID Buzzは姿かたちは違えど、れっきとしたワーゲンバスなのだ。

煩雑さを排除したデザインで、ダッシュボードにはコントロールスイッチのようなものは無い。シフトレバーやインジケーターの類いもステアリングに内蔵されている。

 
最新試乗記

人気記事