奇々怪々 「ジェット機時代」に誕生した驚きのコンセプト24選 後編

公開 : 2017.10.01 20:10  更新 : 2019.05.04 13:03

前半はもうご覧になりましたか? あまりの不思議な造形に驚いたかたも多いでしょう。しかしここからはもっとすごい! お楽しみください。

フォードX-1000

いかれた発想、それがX-1000。フロントとリアの両方にエンジンを収めるためにこのようなデザインになっている。リトラクタブル式のキャノピーの中にはTVやミュージックシステムなどを備えた豪華な空間が広がっていて、コンバーティブルかバブルトップを選択できた。

フォード・ラ・ギャラクシー

フロントにはそれぞれ独立した3つのシートが設置され、リアにはもう3人が座れるベンチシートを設けていた。左右それぞれの大きなドアを開いた姿はまるで蝶のようで、この大きなドアは乗員の乗り降りをスムーズにした。とまあ興味深いクルマではあるものの、ラ・ギャラクシーは求められているようなモノとは少し違ったようだ。