ランボルギーニ 新型4ドアモデル計画中 2021年発表へ

公開 : 2017.10.10 06:10

エストーケのコンセプトは死なず

フロントエンジン、4ドア4シーターというのは、2008年に発表されたエストーケで提案されたレイアウトだが、その後、世界は景気後退に陥る。堅調なSUVカテゴリーに向けてリソースを投入すべく、開発陣はMLBプラットフォームを利用できるウルスに注力。エストーケ・コンセプトの計画は凍結となった。

ランボルギーニ 4ドアモデル AUTOCAR予想イメージ

しかし、最近になって、4ドア4シーターのコンセプトは、2台のスーパーカー(ウラカン/アヴェンタドール)とウルスとの間を埋める役割を果たすと認識されるようになったのだ。

関連テーマ