ロータス・エキシージ・カップ430 「最強」と言える? 試乗記

公開 : 2017.11.24 12:10

どんな感じ?

カップ430 何がちがう?

一般道での走行も少し試した。このエキシージは極めて速く、痛快で、魅力に満ち溢れており、近年のロータスでは得られることのなかったレベルに達している。 

乗り心地は硬いものの、どこでも飛ばしたくなるに違いない。念のため、ロータスは牽引フックを標準装備してはいるのだが、使わないでおきたいところだ。

その乗り心地は、3段階に調整可能なナイトロン社のダンパーによって、完璧なコントロール性と、挙動の落ち着きを得ている。

もちろん、アイバッハ社製のアンチロールバーなど、購入時に好みにカスタマイズすることも可能だ。ブレーキはAPレーシング社による新デザインのディスクが装備され、運転の楽しさを支えてくれる。 

公道ではもてあそびそうだが、サーキットまで自走してサーキット走行を楽しむような、熱い魂を持っているなら、手なずけられるはずだ。

オプションとなるステレオとエアコンを装備すると価格は£100,000を超えてしまうが、パフォーマンスにはさほど影響がないだろうから、選択したほうが良いだろう。 

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×