ホンダ、タイで新四輪車工場の建設を発表

2013.02.06

ホンダのタイにおける四輪車の生産販売会社であるホンダオートモービル(タイランド)カンパニー・リミテッドは、バンコクより東に約120kmの位置にあるプラチンブリ県に、年間生産能力12万台の新四輪車工場を建設することを決定した。

新工場は2015年の稼働開始を予定しており、土地取得と建設費用を含めた投資額は約171.5億バーツ(約446億円)。立ち上げ時の新工場の従業員数は約1200名となる。

また、年間生産能力24万台の既存のアユタヤ工場でも拡張工事が完了し、今月より年間生産能力28万台のフル生産体制となっているという。さらに、生産ラインの延長などの投資を予定しており、2014年には年間生産能力が30万台となる予定だという。

これにより、新工場と合わせたホンダオートモービル(タイランド)カンパニー・リミテッドの年間生産能力は、2015年中に42万台となる。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事