初試乗、ボルボXC40 制約多くも工夫で克服 小型SUVをリードできると判断

公開 : 2017.12.22 11:40  更新 : 2017.12.26 09:35

各グレード 内外装/装備の違い

グレードは「モーメンタム」から「インスクリプション・プロ」に加えて、「ファースト・エディション」など、イギリスでは7種類が準備される。

エントリーグレードとなる「モーメンタム」は、LEDヘッドライトやクルーズコントロール・プラス、オートワイパーにオートライト、リア・パーキング・センサー、18インチ・アルミホイールのほか、ボルボの特徴でもある、豊富な安全技術も標準装備される。

インテリアでは、2ゾーン・エアコンやキーレス・スタート、パワーウィンドウなどを装備。9インチのディスプレイには、デジタルラジオやナビゲーションシステムなどを内包するセンサス・インフォテインメント・システムが搭載される。ブルートゥースとUSBでの接続も可能だ。

「R-デザイン」を選択すれば、インテリアはレザー製となり、LEDのフロントフォグライト、グロスブラックの外装パーツ、スポーティなボディキット、スポーツサスペンション、電動格納ミラーなどが付いてくる。

最上級の「インスクリプション」では、ドリフト(流木風)の木製パネルとクロームが組み合わされたインテリアトリムに、アンビエント・インテリアライト、パワーテールゲート、厚地のフロアマットにフロント・パーキングセンサーとさらに充実。

ラグジュアリー版となる「プロ」では、フロントのシートヒーター、照射領域を調整するアクティブ・ヘッドライト、運転席側のパーワーシートに、ヒーテッド・フロントガラスが追加される。

「ファースト・エディション」では、これらに加えて、リアのシートヒーター、熱線入りステアリングホイール、キーレスエントリー、ハーマンカードン製のステレオシステムとスマートフォン接続機能、ワイヤレスでのスマートフォン・チャージャーなど、オプションリストのほとんどが盛り込まれる。

関連テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記