試乗 VW Up! GTI 同価格帯の中で高い説得力 日本導入も期待

公開 : 2018.01.24 11:40


笑顔になるドライビングフィール

ステアリングも正確でクイック。

ちょうど良い重さがあり、シャシーの基本性能が高いので、レスポンスに不満を感じることもない。攻め込んでいくと最終的にアンダーステアが露呈するが、限界域も掴みやすく、汗をかきながらコーナーに突っ込むというより、リラックスしながら思わず笑顔になってしまう、そんなペースで楽しめる。

エンジンとミッションも、楽しいドライビングの良いパートナー。

この価格だから、デュアルクラッチのオプションはないものの、クルマのスピードに合わせてマニュアルの操作を満喫できる。低速域では若干ターボラグがあり、2000rpmで発生する最大トルクは、数値としては間違いないのだろうが、若干実感に乏しい。

エンジン音を室内へ増幅させるサウンドシンポーザーも搭載しており、レブリミッターまで誇張しつつ、3気筒のザラ付いた音を、予想していたよりもスポーティな雰囲気に変換してくれる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×