日産e-NV200エヴァリア7S試乗 自家用には及ばず 環境規制ゆえのEV需要は大

公開 : 2018.01.29 20:10  更新 : 2018.01.29 20:38


まだ足りない航続可能距離

ハンドリングは大分マシで、重量のあるバッテリーを車体の低い位置に搭載するため、きついコーナーでも車両のマスをしっかりコントロールしている感がある。ただし、ドライビングポジションがそもそも良くないから、積極的に長時間飛ばして走ろうとも思わないが。

自家用車としてだと、実際の自分たちの生活環境に見合った、現実的な航続距離を得ているのかどうか、も購入する際の重要なポイントとなる。

エヴァリアは、従来型と比べれば大きく改善しているとは言え、個人ユーザーのニーズには未だ不十分なのではないだろうか。

従来モデルの航続距離は、「NEDC」テストでは170kmだったが、実際に日常的に使用した場合の航続距離は128km程度で、一般的な商用バンのドライバーだけでなく、ミニバンのユーザーが求める距離には届かないものだった。

新型の40kWhのバッテリーによる現実的な航続距離は、176〜192km位になるだろう。われわれがテストした際、スタート時点のフル充電状態で200km以上の航続距離が表示されていたが、実際に距離を走る中で、現実的な数字だということが分かった。

途中でチャデモ(CHAdeMO)などの急速充電器を使用すれば、短距離の旅行だけでなく、しっかり計画を立てたうえで、より長距離の走行も可能にはなる。

しかし、これは自動車。普通の家族にとって、一番の交通手段とするのは難しいはずだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事