クルマ1kg当たりの価格 「高級車」ほど高い? 全20台を検証

公開 : 2018.03.10 06:10  更新 : 2018.03.10 10:52

いままであまり考えたことがなかったかもしれません。パワー・ウエイト・レシオならぬ、コスト・ウエイト・レシオです。1kgあたり、いくらなのか? なかでも高価なもの、そして安価なものは? 20台のクルマをピックアップして、計算してみました。

text:Richard Bremner(リチャード・ブレムナー)

1kgあたりの価格 もっとも高いクルマ

ハイパーカーやラグジュアリーリムジンほど高いのか。そして1ポンド当たりの重さは、最安層のクルマの方が重いのだろうか。

1ポンド当たりの重さは当然二極化している。サイズや形状によって重くなるためだ。

多くを払って装備の充実を追い求めてしまうこともあるが、パフォーマンスや燃費、ハンドリングやブレーキングなど多くの面で不利になる。

つまり装備の簡素さがより高いパフォーマンスを生むこともあり、恐らくこの点に関してマクラーレン・セナほどよい例はないだろう。まだ乗ったことはないが、セナは最高のモデルでなければならず、たった1198kgの車重だが、1kgあたりは626.04ポンド(9万2713円)とびっくりするような額だ。

1kg当たりで言えば、マクラーレンで2番目に高価な720Sは147ポンド(2万1770円)。セナはその4倍以上なのだ。

セナの次はもっとも極楽のサルーン、ロールス・ロイス・ファントムのロングホイールベースバージョンだ。1kg当たり167.07ポンド(2万4742円)が必要となる。ファントムは2610kgに達し、総額43万6055ポンド(6458万円)になることを考えれば、セナに比べれば良いなどといってられない。

さて次はフェラーリ812スーパーファスト、1kg当たり161.33ポンド(2万3892円)だ。ランボルギーニ・アヴェンタドールSの155.83ポンド(2万3077円)より少し高い。

逆に、もっとも安いクルマはどれだろう。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事