1月のスバルの国内販売数、前年同月比94.0%

2013.02.27

富士重工業は、 1月の国内生産、海外生産、国内販売、輸出台数を発表した。

国内生産台数:49,584台 (前年同月比106.9%)
海外生産台数:16,748台 (前年同月比95.7%)
総生産台数 :66,332台 (前年同月比103.9%)

国内販売台数:13,793台 (前年同月比94.0%)

輸出合計台数:26,187台 (前年同月比93.4%)

国内生産の登録車は、インプレッサの好調により、1月単月として過去最高の台数で16ヶ月連続前年超えとなった。国内生産合計は2ヶ月振りに前年超えとなった。海外生産は、北米市場での在庫の充足が進み、5ヶ月連続で前年割れとなった。合計では1月単月として過去最高の台数で3ヶ月振りに前年超えとなった。

登録車はインプレッサ、新型フォレスターの販売好調により、8ヶ月連続前年超えとなった。合計は2ヶ月連続で前年割れとなった。

完成車の輸出は、インプレッサの販売は好調なものの、レガシィとモデルチェンジを控えた フォレスターの出荷が減少したことにより、3ヶ月連続で前年割れとなった。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事