キャデラックXT4 若年層に向けた新SUV Yトリム戦略で世界視野に

公開 : 2018.03.29 15:40  更新 : 2018.03.29 15:56

2.0ℓ直4ターボ、237ps 9速ATと4WD

リッター当たり100psを超える直列4気筒2.0ℓターボ・エンジンは、業界初となるトライパワーシステムを採用している。

このシステムは、大小2通りのバルブリフトとアクティブ・フューエル・マネージメント(気筒休止)を含んだ3つの作動モードで、パフォーマンスと効率性を最適化するように設計されている。

エンジンには、
・直噴システム
・アクティブ・サーマル・マネジメント
・オートスタート/ストップ機能
・ツイン・スクロール・ターボチャージャー
が採用されている。

最高出力は237ps、最大トルクは35.7kg-mを発生。

9速オートマティック・トランスミッションが組み合わされており、高速走行時に10.6km/ℓ(キャデラック推定)の燃費性能達成に貢献している。

フロントはストラット・サスペンションとリアの5リンク・インディペンデント・サスペンション。標準装備のドライバーモードセレクターで、走行モードや路面状況に応じて、車両特性を選択することが可能。

ドライバーは、ツインクラッチ方式のAWDシステムを利用し、必要に応じて後輪への駆動力の伝達を完全に遮断できるため、パワートレインのフリクションを低減することが可能。

「XT4 スポーツ」のアクティブ・スポーツ・サスペンションにはCDC(コンティニュアス・ダンピング・コントロール)が備わっており、電子センサーでリアルタイムに路面状態をモニターして2ミリ秒ごとに減衰力を調節することで、ドライビング・ダイナミクスと制御性を向上させる。

「XT4」は、従来の真空倍力式ブレーキングシステムに代わって、電動油圧式ブレーキ機能を採用した初めてのキャデラックモデルでもある。

これにより、燃費性能が向上するだけでなく、エンジンルーム内の占有スペースを抑えることもできる。

キャデラックXT4のスペック

全長×全幅×全高 4599×1881×1627mm
乾燥重量 1660kg
パワートレイン 直列4気筒2.0ℓターボ
使用燃料 ガソリン
最高出力 237ps/5000rpm
最大トルク 35.7kg-m/1500-4000rpm
ギアボックス 9速オートマティック

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事