アメリカ大衆文化 無くてはならない20台のクルマたち 前編

2018.10.06

フォードF-シリーズ(1948年)

アメリカを1枚の布に見たてると、ピックアップトラックはそこにすっかり織りこまれた糸みたいなものだ。

ピックアップは何十年にもわたって頂点に君臨し、その勢力は衰える気配すらない。けっして、映画や音楽産業が仕組んだかりそめのブームなどではないのだ。

フォード、シボレー、ダッジ(今はラムだ)が三つどもえの戦いを長年繰りひろげてきたが、しつこくトップを走りつづけるのはこのF-シリーズだ。なんとアメリカでの販売台数1位の座を41年連続で守っているのだ。(画像は7代目)

 

人気記事