マクラーレン・セナ、日本初披露 「SENNA/セナ」にちなみサーキット重視

公開 : 2018.05.23 11:40  更新 : 2018.05.23 17:29

マクラーレンの新たなアルティメット・シリーズの最新作として送り出された「SENNA/セナ」が日本でお披露目されました。公道も走れる究極のサーキット仕様と謳われるだけに、すべての造りはレーシング・マシンそのもの。そのすべてをご紹介しましょう。

text & photo:Kazuhide Ueno(上野和秀)

もくじ

セナの名にふさわしいストイックさ
最高出力800ps、車両重量1198kg
全世界500台限定、既に全車完売
マクラーレン・セナのスペック

セナの名にふさわしいストイックさ

3月に開催されたジュネーブ・ショーでワールド・ローンチされたマクラーレンのアルティメット・シリーズの最新作である「セナ」が日本でお披露目された。

車名の「セナ」は1980年代から1990年代にかけてF1グランプリでマクラーレンを駆り数多くの勝利とワールド・チャンピオンの座を勝ち取った伝説のドライバーであるアイルトン・セナの活躍を称えて付けられたもの。

アイルトン・セナは「まったく妥協のないレベルまで自分を高める」を信条に、貪欲に勝利を目指してレースに挑んでいた。

マクラーレン・セナもその精神を受け継ぎ、究極のサーキット指向型ロードカーとして開発された。またそのスタイリングは「フォルムは機能に従う」というマクラーレンのデザイン哲学を具現化しており、あくまでも空力を優先したデザインとされているのが特徴だ。