人とくるまのテクノロジー展2018 注目の3つのポイント

公開 : 2018.05.27 17:10

注目2:空飛ぶクルマ

自動運転ではなく、自動飛行という分野の実用化についても期待が高まっている。

いわゆる、「空飛ぶクルマ」である。

日本国内で注目されるが、トヨタグループ15社が支援している愛知県をベースとするカーティベーターだ。

技術開発しているのは、トヨタやデンソーなど自動車関連企業の有志だ。つまり、ボランティア活動である。

企画中のモデルは様々あるのだが、当面の目標は2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開会式で、聖火に火をつけるための飛行だ。

今回出展したプロトタイプは、縦方向にふたり着座する車体で、その前後に4つのモーターがあり、それぞれのモーターに2つのプロペラを持つ。

これらの推進力によって、ドローンのように垂直離着陸する方式だ。バッテリーに関わる電子制御技術についても開発を急いでおり、日本初の本格的な次世代飛行モビリティの誕生に期待が高まる。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事