人とくるまのテクノロジー展2018 注目の3つのポイント

公開 : 2018.05.27 17:10

注目3:高感度静電パネル

アルプス電気が参考出品したのが、様々な素材をタッチして操作する高感度静電パネルソリューションだ。

静電パネルは、スマートフォンや車載カーナビなどの画面で実用化されているが、その技術を木材やプラスティックの表面でも使用するもの。

今回は参考出品だが、自動車メーカー各社からの問い合わせが多く、近年中に量産化される可能性が高い。

この他、様々な最新技術は満載された「人とくるまのテクノロジー展」。日本の自動車技術の底力を垣間見ることができる、貴重な体験だった。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事