FCV、英国縦断できる? 水素ステーションは全英9カ所 トヨタ・ミライで挑戦

公開 : 2018.07.01 08:10  更新 : 2021.01.28 18:23

全英わずか9カ所の水素ステーション

さしあたり、われわれの任務はここジョン・オ・グローツからアバディーンまで370kmあまりを走破することだ。もちろん従来のクルマなら屁のかっぱだし、純粋な電気自動車(EV)でもちゃんと充電計画さえたてれば恐れるまでもない。

だが、燃料電池車だと話がかわってくる。水素ステーションが全英で9カ所しかないという事実が立ちはだかるのだ。いまのわれわれには何の慰めにもならないが、それでも今年中には16カ所に増えてという。とりあえず、いまはアバディーンにできたばかりの水素ステーションを目指すしかないのだ。

160kmという数字すらときどき絵空事に思える小型EVの航続距離にくらべると、ミライは遥かに長い脚をもつ。いま水素タンクはほぼ満タンといったところで、車内の航続距離計によれば318km走れることになっている。問題は、最初の行程が370kmもあるということだ。

はたして航続距離の変化が即座にモニターに反映されるかどうかもわからないままだが、まずはそっと南へ向かうことになりそうだ。単位は普段のmpg(1ガロンあたりの走行マイル数)とは異なり、走行100kmあたりの水素消費量(kg/100km)で出てくる。2基の水素タンク(車両搭載性の問題で、カーボンファイバー製内筒をグラスファイバー製外筒におさめた構造を2個備える)には、700気圧の水素5kgが入る。

5kgとは少なく思えるし、そのうえいまモニターに100kmあたり2.5kgも消費すると告げられたらそれこそ死刑宣告ものだ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事