英国の飲酒運転 死傷者数は2012年以来最高 「許容量」誤解の原因と指摘

公開 : 2018.08.16 10:40  更新 : 2018.08.16 10:44

最新の報告によると、英国における2016年の飲酒運転による死傷者数は9040人にのぼり、2015年から7%増加しました。交通事故死の約13%を占めています。交通安全チャリティは、政府の腰の重さと「許容量」が生む誤解を指摘しています。

もくじ

アルコール摂取 死傷者数7%増加
現在の許容量がドライバーの誤解を生んでいる

アルコール摂取 死傷者数7%増加

英国運輸省が発表した最新のデータによると、違法なレベルのアルコールが検出された衝突事故での死傷者数は増加している。

8月9日に発表された推測(2016年のデータから算出)によると、少なくとも運転手が制限値を超えたアルコールを摂取していた事故で、英国全体で9040名の死傷者が出ている。2015年からは7%増加しており、2012年以来もっとも多い。

飲酒運転関連事故の合計件数は6070件で、これも6%増加しており、死亡者は220〜250人にのぼるという。

2015年からは数値が著しく悪化し、170名の飲酒運転による死亡が報告されている。これは2016年の交通事故死の約13%を占めている。

 

人気記事