試乗 メルセデス・ベンツC220d フェイスリフト後のディーゼル、評価は

公開 : 2018.08.16 10:10  更新 : 2018.08.16 16:51

もともとセグメントの王者であったCクラスは、新しいディーゼルエンジンと9速ギアボックスを投入し、ライバルたちへの優位性を保っています。むやみにスポーツ志向を目指すのではなく、リラックスできる乗り心地と落ち着いたインテリアが魅力です。

もくじ

どんなクルマ?
ナンバーワンのナンバーワン 新型ディーゼルと9速ATを搭載

どんな感じ?
吹け上がりがよく燃費も良好
リラックスできる乗り心地とインテリア

「買い」か?
揺るがない王位の座

スペック
メルセデス・ベンツC220d SEのスペック

どんなクルマ?

ナンバーワンのナンバーワン 新型ディーゼルと9速ATを搭載

メルセデス・ベンツC220dは、英国でもっとも売れたCクラスの中でも特に売れたモデルである。今回は、最近登場したフェイスリフトバージョンに試乗し、英国の荒れた道路にどれだけ適応できているか、試してみることにしよう。

Cクラスは最近フェイスリフトが行われ、複数の新型エンジンや、それに組み合わされる9速ATが採用された。その中から、すでに1.5ℓ48Vターボガソリンエンジンを搭載するC200の試乗記はお送りしたものの、メルセデスの見立てでは、最量販モデルはC220dというアッパーミドルクラスのディーゼルモデルだ。

試乗車にはオプションのデジタルインストゥルメントや新しいアクティブセーフティシステム、「マルチビーム」LEDヘッドライトが装備されていた。もちろん、マイナーチェンジに合わせて前後バンパーの設計も見直されている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×