1968 ダッジ・スーパーチャージャー・コンセプト 1000psのヘミ搭載 SEMAショー

公開 : 2018.10.31 11:50  更新 : 2018.10.31 16:25

最高出力1000psのヘミエンジンを積む「1968 ダッジ・スーパーチャージャー・コンセプト」が公開されました。発表したのはモパー。つまり、このエンジンは、今後、キット販売されます。

ユニットの愛称「ヘレファント」

FCAグループの部品部門、モパーは、1000psを発生する426スーパーチャージド・モパー・クレート・ヘミ・エンジン・キットを、SEMAショーで発表した。

・スーパーチャージドV8ヘミ・エンジン
排気量:426キュービックインチ
最高出力:1000ps
最大トルク:131.3kg-m

それにあわせて、「ヘレファント」と名付けられた同キットを積む「1968 ダッジ・スーパーチャージャー・コンセプト」も公開された。

現行のダッジ・チャージャーSRT、チャレンジャーSRTのエレメントを用いた同コンセプトは、チャレンジャーSRTヘルキャットの6速MTを介して、1000psもの馬力を路面に叩き付ける。

ただものではない雰囲気を醸し出す外観には、次のような特徴がある。

 デ・グリージョというグレーメタリックの特別塗装
 特大エアスクープ
 2インチ延長されたホイールベース
 5インチ拡大されたトレッド
 前3.5インチ/後2.5インチ低められたボディ


一方でインテリアは、後席が排除され、前席はダッジ・バイパーのバケットシートに換装された。

なおヘレファント・ユニットは、2019年第1四半期に発売予定とアナウンスされている。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事