ロータス史上最強 エキシージ・カップ430 速さ追求 機構、多岐にわたる変更

公開 : 2019.01.11 09:05

エキシージ・カップ430 外観

パワーをいかんなく発揮するため、カップ430にはさまざまな新型エアロパーツが装備されている。

超軽量のフロントクラムシェルにはカーボンファイバー製ダクトを配置。幅広のラジエーター開口部と新しいメッシュ状グリルは好戦的な風貌を際立たせつつ、新型フロントスプリッターとエアカーテンメカニズムによるドラッグの低減を可能にしている。

軽量のリアクラムパネルに取り付けられたストレートタイプの大型モータースポーツリアウイングは、車両全体のドラッグ係数に影響を与えることなくダウンフォースを向上。

新設計のフロント/リアクラムパネルは他モデルのエキシージより6.8kg軽量化されている。

トラックでどれほどアグレッシブにパフォーマンスを発揮し、2地点間を速く走れるかを公平に見た場合、新しいロータス・エキシージ・カップ430には、かの有名なヘセルサーキットを1分24.8秒のラップタイムで周回する能力があるという。

これはロータス3イレブン(ロード仕様)より1.2秒速い、プロダクションモデルとしては最速のタイムとなる。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事