ケータハム・セブンを中古車で購入 軽も推奨 信頼性高く維持費安い

2019.01.06

100字サマリー

ケータハム・セブンはその発売から40年以上にわたって大きな変更なく販売がつづけられています。スリル満点の軽くてすばしこいロケットのようなクルマを買う際の注意点をお伝えします。初めてのケータハムという方には、660ccの軽モデルがおすすめです。

もくじ

45年前から大きく変わらない
各モデルの違い
初めてなら軽モデルがおすすめ
ケータハム・セブンの中古車 購入時の注意点
専門家の意見を聞いてみる
知っておくべきこと
いくら払うべき?
掘り出し物を発見

45年前から大きく変わらない

「はじめてセブンを買おうというひとには、ほんとうにこんな庭レースのチャンピオンマシンでもいいのかと念を押します。パワーはなくとも驚くほどすばしっこくて楽しいクルマですからね」と語るのは、ケータハム専門店のPTスポーツカーズを営むロジャー・マクルアーだ。

6歳の頃に歯医者さんが乗っていたのを見てからのセブンの虜で、スーパースポーツと現在の愛車CSRの2台に乗ってきた。それでも熱意が衰えないところをみても、このちっぽけなロードスターの中毒性がいかほどかわかるというものだ。

だからこそ、AUTOCARでも幾度となくケータハム・セブンの試乗記を載せてはその魅力に引きこもうとしてきたのだ。それに見返してみても、コーリン・チャップマンがグラハム・ニアーンに製造権を売り渡した遠く1973年当時のセブンとも、エンジン性能やメカニズムの洗練性の差こそあれ、その根底にあるものはなんら変わっていない。

だからといって、ケータハム・セブンを買うともれなく道端での立ち往生がついてくるなどとカン違いしないでほしい。ぎゃくに、セブンよりも信頼性が高くて維持費も安くつくクルマがあれば教えてほしいくらいだ。たとえばブレーキパッドやローターなど、いくら走ってもおどろくほど減らないのだ。

 
最新海外ニュース