2つのフェラーリ博物館 2018年に、合計54万人来館 イタリア

公開 : 2019.01.30 06:40

イタリアにあるフェラーリの博物館といえば、「フェラーリ・ミュージアム」と「ムゼオ・エンツォ・フェラーリ」です。2018年には、両館をあわせて54万人を超える来館者が訪れました。

フェラーリ・ミュージアム、シューマッハー展を開催中

2018年。イタリアにある2つのフェラーリ博物館には、54万人を超える来館者が訪れた。

このうち、37万人のビジターが、マラネッロのフェラーリ・ミュージアム(Ferrari Museum in Maranello)の扉をくぐり、ブランドの栄光に触れた。フェラーリが70周年を迎えた2017年を超える来場者が訪れたことになる。

昨年は、現在も開催中の「ドリブン・バイ・エンツォ」という企画展で、創設者エンツォ・フェラーリが愛用した4シーター・モデルのコレクションを紹介。また「パッション・アンド・レジェンド」という企画では、彼の物語と跳ね馬の歴史を展示し、多くの訪問者を迎えた。

また、1月3日〜3月31日の期間で、ミハエル・シューマッハーの50回目の誕生日を祝う「マイケル50」展を開催している。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事