試乗 アウディTT 45 TFSI クワトロ スリルに欠けるが完成度高し

2019.01.30

サマリー

アウディの象徴ともいえるTTが20周年を迎え、さらなるパワーを得て、スタイリングにも変更が加えられました。完成度の高い洗練されたモデルですが、幾分スポーツカーらしいスリルには欠けるようです。従来から変わらないキャラクターが魅力です。

もくじ

どんなクルマ?
3代変わらぬ優れたデザイン
エンジンは大きく変更

どんな感じ?
スポーツカーらしい楽しさは薄い
実用的なパッケージと洗練されたキャビン

「買い」か?
従来と変わらぬキャラクターと人気

スペック
アウディTT 45 TFSIのスペック

どんなクルマ?

3代変わらぬ優れたデザイン

1995年に革新的な初代モデルが登場して以来、TTのデザインが大きく変わっていないことは、いかにアウディの卓越したデザイン力を証明している。

コンセプトモデルが商品化されるに当たってほとんど変更が加えられることがなく、その遺産は3代目となる現行モデルでも色濃く残されている。

2019年のマイナーチェンジでも25年にわたる勝利の方程式をやたらと変えることはせず、スタイリングに関する変更はわずかだ。

フロントグリルがハニカム構造になったほか、サイドのインテークが大型化し、新しいデザインのホイールや新色2種類が追加され、ベースモデルは新鮮さがよみがえった。Sラインモデルではよりアグレッシブになり、フロントスプリッターやリアディフューザーが採用されている。

 
最新試乗記

人気記事