ロードテスト BMW 8シリーズ・クーペ ★★★★★★★★☆☆

公開 : 2019.02.03 17:40  更新 : 2019.02.05 17:56

結論 ★★★★★★★★☆☆

「好ましいビッグGT。たとえ高級感や満足感がセグメントトップではないとしても」

8シリーズが、まさにBMWの意図通りのクルマだ、ということは想像に難くない。このクルマならではのスポーティさとラグジュアリーさの融合が、GTカー購買層の琴線に触れるかどうかはわからないが、BMWユーザーにウケることは間違いないだろう。

エントリーグレードであっても、このGTクーペの存在感や動力性能に、これ以上望むものはほとんどない。ツーリングでのマナーもほぼ完璧だ。特に、長いボンネットの下にあるターボディーゼルエンジンが、長距離クルージングには理想的だということを痛感させられる。しかし、やや路面からの入力を伝えすぎる乗り心地と引き換えに、賞賛すべき走りの魅力も備えており、多くのGTユーザーに歓迎されるだろう。

もしも、このシャシーがスポーティさでBMWの水準に達しているというなら、価格にも同じことがいえる。7万5000ポンド台の本体価格は、同郷のライバルと比べれば高めの設定だが、フルサイズGT市場においては競争力のある値付けだ。840dは、先進的テクノロジーと華やかなビジュアルを兼ね備え、しかも、使い勝手も多くのクーペに肩を並べる。それらを考えれば、好成績を挙げるに値するといえる。

担当テスターのアドバイス

マット・ソーンダース

個人的には、Mスポーツのパーツが装着されていない8シリーズのエレガントなルックスの方が好みだ。そうは言っても、野暮ったい6シリーズから飛躍的に進歩したことを否定する声は聞いたことがない。

リチャード・レーン

ソーンダースの意見には賛成するが、スタイリングの独創性は足りないと思う。メルセデスがSクーペとCクーペの違いを明確にしているのに対し、8シリーズは4シリーズっぽい。奇抜なボディカラーの方が見栄えはいいだろう。

オプション追加のアドバイス

Mスポーツ・テクニック、テクノロジー、ヴィジビリティの各パッケージでオプションを装着しないと、結局は高くつく。アクティブスタビライザーは、M850iのアダプティブMスポーツ・サスペンション・プロフェッショナル仕様にのみ装備される。

改善してほしいポイント

・ステアリングのセットアップは、改良を続けてほしい。
・セカンダリー・ライドは角を落とし、穏やかにする方法を見つけてほしい。
・メーターパネルはフルデジタルでも構わないが、少なくとも速度計と回転計をトラディッショナルな円型で表示するモードを用意してほしい。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記