F-1 第1戦 オーストラリア・グランプリ

公開 : 2012.03.18 23:52  更新 : 2017.06.01 00:55

オーストラリアのメルボルンでの勝利で、ジェイソン・バトンは2012年F-1で幸先の良いスタートを切った。

2009年のワールド・チャンピオンであるサマセット生まれの彼は、チームメイトのルイス・ハミルトンに続く2番手グリッドからスタート。バトンはハミルトンよりも良いスタートダッシュを見せ、第1コーナーでトップに立った。

2人のマクラーレン・ドライバーは常にレースをコントロールし、ほとんど1-2フィニシュでレースを終えるかに見えたが、タイミングの悪いセーフティカー・ラップのため、セバスチャン・ベッテルに間に入られた。

4番手はウェーバー、5位はフェラーリのフェルナンド・アロンソだった。スペイン人ドライバーは予選12位だったが、素晴らしい展開でマラネロ・チームに若干の喜びをもたらした。チームメイトのフェリッペ・マッサも速かったか、サスペンションのダメージで姿を消した。とりかくアロンソのパフォーマンスは、今年のフェラーリが言われるほど悪くないということをアピールするに十分だった。

レース終盤までパストール・マルドナドは6位のポジションで終わるかに見えた。しかし、最終ラップでスピンオフし、結局ザウバーの小林可夢偉に6位を奪われた。7位には2年間のブランクがあったキミ・ライコネン、8位にはセルジオ・ペレスが入賞。

9位にはトロ・ロッソのダニエル・リカルド、10位にはフォース・インディアのポール・ディ・レスタが入賞した。

7回のワールド・チャンピオンに輝いたミハエル・シューマッハは、オープニングラップでは3番手まで浮上したが、結局ギアボックス・トラブルでリタイアとなった。

1 ジェンソン・バトン マクラーレン
2 セバスチャン・ベッテル レッドブル
3 ルイス・ハミルトン マクラーレン
4 マーク・ウェーバー レッドブル
5 フェルナンド・アロンソ フェラーリ
6 小林可夢偉 ザウバー
7 キミ・ライコネン ロータス
8 セルジオ・ペレス ザウバー
9 ダニエル・リチャルド トロ・ロッソ
10 ポール・ディ・レスタ フォース・インディア

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×