ポルシェの次期型ハイパーカー レトロなスタイリングを検討

公開 : 2019.04.30 16:30

ポルシェは2025年ごろに発売予定の918後継車について、レトロなスタイリングを与える可能性を示しました。先日発表の917コンセプトとも関連性のあるデザインとなるようです。パワートレインは完全電動ではなくハイブリッドが濃厚です。

レトロか近未来風か

ポルシェのデザインを統括するマイケル・マウアーは、2025年ごろに登場する918スパイダーの後継車について、レトロ風か近未来風のどちらにするかの決断を迫られているようだ。

ポルシェが最近発表した917コンセプトは1970年のル・マンでの優勝から50周年を記念した車両であった。マウアーによれば、これが次期型ハイパーカーに大きな影響を与えるという。

「次のハイパーカーを考える上で、非常にモダンにするか、われわれのスポーツカーのルーツに立ち返り過去のモデルからインスパイアを得るかは悩ましいところです」と彼はいう。

「わたしは個人的には917コンセプトのデザインを気に入っています。次のハイパーカーもこれとの繋がりが感じられるものになります。しかし、デザイナーとしてはハイパーカーは未来を指し示すモデルであるべきとも考えます。歴史を振り返るのも良い選択肢ですが、歴史を作りだすことも大切でしょう」

ポルシェのオリバー・ブルームCEOは、次期型ハイパーカー計画が進んでいることを認めているが、パワートレインについては未定だという。「現在のバッテリーのパフォーマンスを考えれば、完全電動化は少し待つべきでしょう。ハイブリッドという選択肢もあり、適切な時期を選んで行きたいと考えています」とのことだ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事