ありがとうコルベットC7 英国1車線道路の旅へ 楽しみ、スピードだけに非ず

公開 : 2019.07.20 09:50

情感に訴えるモデル ギターの神様登場?

いま走っているのは、オリンピックの自転車ロードレースで使われたルートだが、なぜか周囲にサイクリングウェアに身を包んだ定年退職者の一団はおらず、小高いこの場所からは、ザ・シャードと呼ばれる超高層ビルを含めたロンドンを一望することができる。

コルベットでエントリーグレードとなるのはスティングレーであり、グランスポーツ同様、473psを発揮するシボレー伝統の自然吸気プッシュロッド式スモールブロックV8を搭載している。

一方、もっともパワフルなのがZ06であり、同じエンジンをベースにしながらも、スーパーチャージャーによってパワーは668psにまで引き上げられている。より高価なプライスタグと、より多くの重量を与えられ、0-97km/h加速ではコンマ数秒を削り取るとともに、グランスポーツの290km/hを凌ぐ、311km/hという最高速を達成している。

だが、数字など関係ない。重要なのは、このクルマのように情感に訴えるモデルであるかということであり、この場に相応しい存在かどうかということだ。

シェアという、まるでおとぎ話から抜け出してきたような村に到着したが、いつものように多くの観光客で賑わっていた。この村にあるThe William Brayという名のパブは改装中だったが、ここもティレルと繋がりのある場所だ。以前このパブを経営していたのは、かつてティレルからF1デビューを果たしたジュリアン・ベイリーであり、ここで一度エディ・ジョーダンがドラムを担当するバンドの演奏を見たことがあった。


ここにたどり着くまでに通過したのでシングルトラックの道だけであり、そのまま急な坂道と待避場所を備えたサリー州の丘陵地帯へと分け入って行ったが、コルベットのような大型モデルであれば、常に先を読んで、焦ることなく対向車に道を譲るのが賢明だろう。

10代のころはビートルのステアリングを握って、こうした道を果敢に攻めたのであり、ブレーキはフェードし、ハンドブレーキまで使ったうえで、スピードを落とすため土手に乗り上げたこともあった。

ユーハーストにあるエリック・クラプトンの自宅前を通過してクランリーへと入っていったが、クラプトンの自宅近くでは、時おりフェラーリに乗ったギターの神様の姿を見かけることができる。

ここからは、ダンスフォールドと、ロックスウッドという名の村へと向かう。もちろん道は1車線のままだが、道幅は広くなり、「コルベットサイズ」と呼んでいいものだった。

人気テーマ

おすすめ記事

 

自動車ニュースの人気画像