字幕付き動画 スープラ vs BMW M2 vs 718ケイマンT vs アルピーヌA110 比較試乗

公開 : 2019.07.12 20:00  更新 : 2021.05.13 12:00

BMW M2コンペティションの印象

まずはBMW M2コンペティション。すでに公道でもサーキットでも何度も試乗しており、動画もあがっているだろう。われわれが毎年行うハンドリングテストにも昨年このクルマが登場している。

まず触れたいのはこのエンジンの良さだ。昨年のある時、BMWはM2の生産をやめ、M3のエンジンをデチューンして搭載すると発表した。同じく3.0ℓ直6だが、BMW Mはエンジンの種類を減らしたかったのだろう。

WLTP適合を考えての判断とは言え、素晴らしいエンジンだ。アルピーヌを降りてからそれほど時間は経っていないため、エンジンがフロントにあることがはっきりわかる。重く大きいクルマでマッスルカーやホットロッドのようだ。

しかしコンペティションになってからその傾向が薄まり、スポーツカーらしい魅力が増している。以前よりも良くなったのは、よりパワフルかつ活発になったことだろう。これはアルピーヌにはない点だ。

そしてLSDや、フロントエンジンによる古典的なシャシーバランスも魅力である。ブレーキングを終えパワーを解放してやれば、猛然と加速する。しかし身のこなしは俊敏だ。これは初期型M2より改善された。

ステアリングは少しふにゃふにゃしている。しかしその重さや路面からのフィードバックは生々しいとは言えないものの、まずまずだ。

忘れてはならないことはこれがドイツ車であり、アウトバーンが開発の舞台だということだ。したがって、高速域での安定性が重視されている。フロントエンジンゆえの安定かつ暴力的なパワーと、コーナーでの楽しさを両立している。

BMWのエンジニアの努力の結果だろう。特に驚くことでもなく、彼らの得意分野だ。すべてが完璧ではないが、良い仕事をしている。次はお待ちかねの最後の1台、スープラに試乗し、評決を下したい。

さて、トヨタ・スープラだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事