字幕付き動画 スープラ vs BMW M2 vs 718ケイマンT vs アルピーヌA110 比較試乗

公開 : 2019.07.12 20:00  更新 : 2021.05.13 12:00

いよいよトヨタ・スープラに試乗

トヨタ・スープラは鳴り物入りで登場したクルマだが、長らく待たされプロトタイプの試乗もした。ついに市販型を手に入れたので、どんなクルマか試してみよう。

このクルマには大げさな評価も目立ち、われわれの同業者は「期待通りだ」「素晴らしい」などと称賛している。しかし過去を振り返ってみればスープラらしさとはなんだろうか。

先代はクールなクルマだったが、完璧とは言えない。さらに前の型は野生的な男のためのクルマであった。ライバルはポンティアックやコルベットであり純粋なスポーツカーではなかったのだ。それを踏まえるとすべてが改善されたと言えるだろう。

搭載されるエンジンは、ご存知の通りBMW製。トヨタはシャシー開発を担当したようだ。すなわち86を作ったひとびとがこの素晴らしいシャシーを作り、BMWの直6を組み合わせた。

最高出力は340ps、最大トルクは50.9kg-m/1600rpmだ。直線で湧き上がるトルクが、どのギアでどの回転域でも感じられる。サウンドは若干人工的で、ゲームのようでもある。

ZF製の8速ATは優秀だが、ポルシェの6速MTの方が好みだ。シフトアップは素早いが、スポーツモードでのシフトダウンはやや乱暴で、バランスが崩れそうだ。スムーズなヒール&トーやPDKのブリッピングに慣れたひとは少し驚くだろう。

しかしその性能は十分で、元気良く走ってくれる。その他の部分は90点と言ったところだろう。公道での乗り心地はスポーツモードでもしなやかだ。しかしひとつ言いたいのはモードの種類が少ないということだ。最初はノーマルモードで、ボタンによりスポーツモードになり、ステアリングやスロットルやギアを個別に調節できる。しかしその他は非常にシンプルだ。

例えばBMWは複数のモードが用意され、気分が変わる。スポーツモードでも柔らかく、コントロールがしやすい。しかしペースを上げて行くと1500kgの車重が姿をあらわし振り回されがちだ。サスペンションが動きを抑えきれていない。

しかしそこまで行かなければ十分に楽しめる。軽そうな見た目とは裏腹に走らせてみると車重を感じる。限界付近では余裕のなさが伝わってくる。ケイマンの方がはるかに軽く感じるだろう。

しかしこの古典的な大排気量のFRスポーツカーらしさは魅力です。シャープではないがそこはGRMNの担当だろう。これは毎日使えるクルマで楽しく走ることもできるが、乗るたびに疲れ果てるようなクルマではない。リアを流すのも簡単だ。完璧とは言えないが、良くできたクルマだ。

ラップタイム計測に移ろうとしたところで、雨が降ってきた。コンディションの公平を期すため、今回は残念だがタイムでの比較は諦めよう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事