CMFを採用するニュー・ルノー・グランド・セニック

公開 : 2013.06.21 14:00  更新 : 2017.06.01 02:16

このルノー・グランド・セニック・ベースのテスト・モデルは、ルノー-日産の新しいシステム・アーキテクチャーであるコモン・モジュール・ファミリー(CMF)を使用する最初のモデルだ。

AUTOCARは、ルノーは、グランド・セニックを7シーターのクロスオーバー・スタイルのモデルに変更するものと考える。そして、それは24ヶ月以内にショールームに並ぶことになると予想する。

このテスト・モデルは、新しいグランド・セニックがより広いトレッドを持っているが、長さは僅かに延長されるにすぎないことを示している。ルノーはエスパスのニュー・モデルがクロスオーバー・スタイルになるとコメントしてきたが、最終的には従来のMPVフォーマンっとに落ち着いたようだ。ちなみに、新しいエスパスは英国では販売されず、英国でのルノーのフラッグシップは新しいグランド・セニックになると関係者はAUTOCARに話した。

CMFは将来的にルノーの11のモデルに使用され、日産ではXトレイル、キャシュカイ、ローグという3つのクロスオーバーのベースとなると発表されている。

関連テーマ