2年に1度のビンテージカーの祭典 フランス「ビンテージ・モンレリ」レポート 後編

公開 : 2019.08.10 16:50  更新 : 2021.02.02 12:32

「DKW SS 250」オーナー:フィリップ・ビューリー

戦前のオートバイも多数参加している「ビンテージ・モンレリ」。ハーレーダビッドソンやインディアンなどは日本でも有名だろう。その中でも、フィリップ・ビューリーが持ち込んだDKW SS 250グランプリ・レーサーは特別な1台だ。1937年のリナ・モンレリでの参戦以来の凱旋となる。

スーパーチャージャーで過給される2ストロークエンジンは、始動させる度に多くの見物人を集める。排気ガスは白く色づき、往年のライダー、ユーワルド・クルーゲとワルフライド・ウインクラーの走りを彷彿そさせるシャープなエンジンノイズが会場一帯に響く。

DKW SS 250
DKW SS 250

「バイクはもちろん本物ですが、今日のライダーは本物ではなくわたしです。これは徹底したレーシング・バイクですが、パワーデリバリーは思いのほかスムーズ。プロトタイプのラバー・サスペンションもちゃんと機能しています。このサーキットは特に起伏が激しいので、オリジナルの空気の入ったシートがあれば、と思いました。初めての参加ですが、この雰囲気にすっかり虜になりました」 と笑顔で話す。

フィリップ・ビューリーは過酷な長距離ツーリングも慣れっこらしく、以前はパリからプラハへ、前輪が極端に大きい、歴史資料で見るようなペニー・ファージング自転車で欧州横断のサイクリング旅行もしたそうだ。「その時は1000kmを走るのに、10日間も掛かりました」

関連テーマ

人気テーマ