設立100周年のシトロエン 4200台で祝う SMやDSからトラクシオンまで 後編

公開 : 2019.11.24 16:50  更新 : 2021.03.05 21:43

シトロエン・ビザ・クロノ(1983年)

オーナー:パトリック・シャトンネット

当初はパッとしないルックスで、スロースタートを切ったシトロエン・ビザ。ユーリエ社によるフェイスリフトを受けると良くなり、長寿命モデルとなった。GTiなどのスポーティ・グレードも追加されたことも一役買っている。

だが、フランス政府が古いクルマの買い換え優遇策を進めていることもあり、現存するビザは殆どない。そんな珍しいビザの中でも、クロノ・ラリー・ホモロゲーション・スペシャルはかなりの希少車。フランスのビザ・クロノ・クラブからの参加車両だ。

シトロエン・ビザ・クロノ(1983年)
シトロエン・ビザ・クロノ(1983年)

2160台が製造されたが、ビザ・クロノ・クラブの事務局を務めるパトリック・シャトンネットによれば、残存数は52台だという。

1360ccのエンジンにツインチョークのソレックスキャブを2基搭載し、最高出力は94ps。オランダ向けには81psのビザGTエンジンが搭載されており、キャブレターもシングルチョークのツインキャブになっている。

トランスミッションは5速マニュアルで、車高が下げられたサスペンションにウイングを装備。車内はラリー用シート、スポーツ・ステアリングホイールや専用のダッシュボードなどが付く。

「スポーティですよね」 ビザ・クロノ・クラブの会長、セバスチャン・ブロセットが話す。「キャブレターからの吸気音が大きく、ステアリングは重たいですが正確。路面を感じ取ることができます。ラリーのために作られたクルマですね」

「GTiの方が、リニアで柔軟性も高いです。ツーリングカーに近い仕立てで、長距離走行に向いています。クロノで500kmも走ると、疲れるかもしれません」

関連テーマ

人気テーマ