キャデラック・エルミラージ・コンセプト

公開 : 2013.08.17 15:36  更新 : 2017.06.01 02:15

キャデラックはペブルビーチ・コンクール・デレガンスで、2ドア4シーターのエルミラージ・コンセプトを発表した。贅沢なグランド・クーペは、将来のキャデラックのデザイン言語を示したものだという。

流線型のデザインは、ツインターボ・エンジンを搭載した4シーター・コンバーチブル、シエル・コンセプトの延長線上にある。ちなみに、このエルミラージは、4.5ℓのツインターボV8を搭載する。パワーは500bp、トルクは69.1kg-mで、現在のV6ツインターボのテクノロジーを採用したものだ。

シャシーも将来的なキャデラックのベースとなるもので、駆動方式はRWD。22インチ・ホイール、セラミック・ブレーキ、モノブロック・ブレーキ・キャリパーを装備する。

インテリアはチタンとウッド、そして本革で設えられ、快適かつ洗練された空間を作り出している。

キャデラックは、そのベースに1967年のエルドラドの影響が強くあったという。

「CTS-VクーペやELRにみられるように、最近のキャデラックのデザインは挑発的だ。」と、キャデラックのデザイン・ディレクター、クレイ・ディーンは語っている。

また、「このエルミラージもシエルも、パフォーマンスとラグジュアリーという2つの面で、キャデラックを新しい領域に踏み込ませたモデルである。」ともコメントしている。

関連テーマ