【164年の歴史にピリオド】GM、豪州ホールデン・ブランド廃止決定 2021年末 オーストラリア首相「むしろ怒り」

2020.02.19

サマリー

GMが、傘下にある豪州ホールデンの業務を、2021年末までに終了すると発表しました。164年の歴史を持つ同社は、豪州とニュージーランドの工業化と発展の中心的存在でしたが、近年業績不振が続いていました。

もくじ

ホールデン・ブランド
GM難しい決断

ホールデン・ブランド

text:James Attwood(ジェームズ・アトウッド)

ゼネラルモーターズ(GM)は、傘下にあるホールデン・ブランドを、2021年末までに廃止することを決定した。

オーストラリアの歴史あるブランドは、その164年の歴史に幕を下ろす。

ホールデン・エフィジー・コンセプト
ホールデン・エフィジー・コンセプト

これにより、600人が失業すると予想されている。

ホールデンは、1856年にメルボルンで設立され、1931年からGMの傘下にはいっている。

何十年にもわたり、オーストラリアおよびニュージーランドのマーケットを支配していたが、近年、シェアは劇的に減少し、大きな損失を出していた。

2017年、GMがオーストラリアでのホールデンの製造事業を閉鎖してからは、同社は輸入およびリバッジされたオペルとGMモデルの販売を行っていた。

GMインターナショナル・オペレーションズのシニア・バイスプレジデント、ジュリアン・ブリセットは、ホールデンの「引退」について、GMがオーストラリアおよびニュージーランド市場で競争力を高めるために必要な投資が、その収益を上回ると判断したためと述べている。

GMは、この決定は「国際事業を変革する」努力の一環であると述べている。

「160年の歴史を通じ、ホールデンは自動車の製造だけではなく、オーストラリアとニュージーランドの工業化と発展の中心的存在だった」とブリセットは言う。

「近年、世界的および地域レベルで大きな変化を遂げる自動車業界で、ビジネスを維持、改善するため、さまざまな戦略をローカルチームとともに実施してきました」

「しかし、総合的に評価した結果、オーストラリアおよびニュージーランドで長期的に成功するために必要な投資を、他の投資事項より優先的するという結論には至りませんでした」

「ホールデン側に問題があった訳ではなく、これはGMの世界的な投資の優先順位に基づいた決定です」と追加した。

ブリセットは、GMは今後、パートナーと協力し、オーストラリアとニュージーランド市場での特殊車両の販売に注力すると述べている。

GM難しい決断

GMのCEO、メアリー・バーラは「難しい決断でしたが、正しい選択をすべきだと判断しました。国際事業を再構築し、収益を出すための適切な戦略のある市場に焦点を当てます」と述べている。

「特にEVとAV(自動運転車)の分野で、モビリティの将来の成長を促進するグローバルな投資を優先的に行っていきます」と付け加えた。

ホールデン48-215
ホールデン48-215

オーストラリアの首相、スコット・モリソンは、「がっかりしたが驚いてはいない。むしろ怒っている」

「多くのオーストラリア人の期待に反し、GMはブランドを枯らしてしまった。置き去りにされた気分だ」と述べている。

GMホールデンのマネージング・ディレクター、クリスチャン・アキリナは、2021年の事業終了前に、ブランドに「敬意を払う」ことを約束している。

「オーストラリアとニュージーランドの、成長と発展のけん引役を担ってきたホールデンは、これからもわたし達の特別な存在であり続けるでしょう」

「今回の決定は、160年もの歴史を誇り、生活の一部としてホールデンを愛する、多くの人々に大きな衝撃を与えました」と述べた。

GMは、南米、中東、韓国の「コア市場」を中心に、国際ビジネスの焦点を再設定するとしている。

ブリセットは「日本、ロシア、ヨーロッパなど、規模がそれほど大きくない市場では、無駄の少ないGMの構造を活用して、収益性の高いハイエンドの輸入車を販売することで、ニッチな存在感を追求していきます」と述べている。

GMはまた、タイの製造工場を中国の長城汽車に売却し、シボレーブランドのタイからの撤退を発表している。

 

人気記事