【どんなクルマが、どこで売れている?】世界の市場 カテゴリー別新車販売実績 2020年はどんな年に?

2020.05.30

パフォーマンスモデル市場:マスタングの圧勝 ボクスター失速

フォードのマスタングが引き続きこの市場を支配する1年となった。

だが、このセグメントで注目すべきはポルシェ718ボクスターとケイマンの失速であり、昨年1年間で20%も販売台数を減少させている。

パフォーマンスモデル市場:マスタングの圧勝 ボクスター失速
パフォーマンスモデル市場:マスタングの圧勝 ボクスター失速

3年前に718が積むエンジンが4気筒ターボのみへと変更されたことで、ポルシェ愛好家の不興を買ったことを思えば、フラットシックス搭載モデルの復活をポルシェが決断したのも当然だろう。

マツダの愛すべきMX-5(日本名:ロードスター)もわずかに販売台数を落としているが、スタイリングが重要となるこのカテゴリーで4年前に登場したモデルであることを考えれば、十分検討していると言えるだろう。

BMWの新型Z4は素晴らしいスタートを切るとともに、ポルシェ718との差を詰めることに成功したことは、ミュンヘンを喜ばせることになるだろう。

アルピーヌが誇るA110はわずかに5000台には届かなかったものの、このクルマの素晴らしさとロードテストにおける高い評価を考えると、いくつかの地域では懸念が残る結果となった。

ムニョスによれば、A110の2/3がフランス国内での販売実績とのことだ。

 

人気記事