【どんなクルマが、どこで売れている?】世界の市場 カテゴリー別新車販売実績 2020年はどんな年に?

2020.05.30

フランス vs 英国

Jatoが示した世界販売台数統計によれば、乗用車と小型商用車の合計でフランスが英国をわずかに上回り、世界第6位の新車市場となったようだ。

これにはふたつの理由がある。

フランス vs 英国
フランス vs 英国

英国の新車販売が5万6000台減少(EU離脱に伴う混乱とディーゼル人気の落ち込みによるものだ)した一方、フランスでは3万8000台の伸びを記録しており、商用車も英国に比べ大幅な販売増を達成している。

その結果、乗用車単体では英国が依然として世界第6位の新車市場の地位を確保しているものの、商用車を含めるとフランスが英国を上回ることとなった。

EV市場:テスラ・モデル3 vs 中国製低価格EV

テスラ・モデル3が圧倒的な販売台数により世界でもっとも売れたEVの地位を獲得しており、2位に約3倍もの大差を付けている。

2019年は米国と欧州でEVのベストセラーとなっており、上海工場の稼働開始に伴い、2020年には中国市場での躍進も期待されている。

販売台数第2位となったのが、フォルクスワーゲン・ゴルフ並みのボディに41kWhのバッテリーを積み、補助金無しでも1万5000ポンド(215万円)という価格を実現しているサルーンモデルのBAIC(北京汽車)のBJEV EUだった。

日産のリーフも依然として世界第3位のポジションを確保しているが、新型にモデルチェンジしたことを考えれば、この結果は満足できるものではないだろう。

 

人気記事