【詳細データテスト】ポルシェ・カイエン 二兎を追う者は一兎をも得ず 元凶は重さ

公開 : 2020.06.06 08:50  更新 : 2020.06.06 13:27

内装 ★★★★★★★★☆☆

高い位置にあるキャビンは、典型的なポルシェのそれだ。さらに、ドライビングポジションの調整幅は広く、機能的かつラグジュアリーと表現するのがもっともふさわしい雰囲気がある。

たしかに、ランドローバーの最上位モデルやベントレー・ベンテイガほど華やかではない。だが、フィッティングや仕上げに不満な点を見出すことはできなかった。

まさしくポルシェらしい佇まいのインテリアは、着座位置の高さと、センターコンソールのグラブハンドルがなければ、SUVであることを忘れそうだ。
まさしくポルシェらしい佇まいのインテリアは、着座位置の高さと、センターコンソールのグラブハンドルがなければ、SUVであることを忘れそうだ。

落ち着きがあり走りを予感させるムードは、キルトレザーやウォールナットパネル、切削加工したアルミパネルなどと変わらず気分を上げてくれる。むしろ、虚飾を排したといっていいかもしれない。

現時点でカイエンの最高額グレードなだけあって、ターボS E-ハイブリッドの装備内容は充実している。秀逸なアダプティブスポーツシートやアルカンターラのルーフライニングなども標準装着される。

テスター陣に好評だったのはダブルバイザーだ。2方向からの日差しをブロックしてくれるのは、非常に便利だった。

とはいえ、商談の際にガッカリすることはやはりあるだろう。ヘッドアップディスプレイやアンビエントライト、シートベンチレーション、4ゾーン式エアコンといった、細々したアイテムには追加出費が必要だからだ。

ハイブリッド化によって、荷室容量が目減りしているのも残念な部分。大きなバッテリーパックをラゲッジルームのフロア下に配置しているため、772Lあった容積は645Lに減少している。

さらに悪いことには、床下収納もなくなっている。邪魔な充電ケーブルをしまうのに都合がいいのだから、プラグインハイブリッドにこそあってほしいものなのだが。

利便性はやや悪化してしまったが、それでもこのクルマの室内は十分に広い。後席空間には、パノラミックルーフを装着してもまだまだ余裕がある。ただし、スペースを最大限使いたいのであれば、アウディQ7や、ハイブリッドでないカイエン・ターボを選ぶのがベターだ。

この680psのターボS E-ハイブリッドをシンプルにファミリーの移動手段として評価するなら、ほかのカイエンと変わりはない。リアシートは左右席にISOFIX固定ポイントを備え、バックレストは40:20:40の3分割可倒式。中央には小物用トレーを組み込んだ格納式のアームレストが設置されている。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事