【詳細データテスト】ポルシェ・カイエン 二兎を追う者は一兎をも得ず 元凶は重さ

公開 : 2020.06.06 08:50  更新 : 2020.06.06 13:27

走り ★★★★★★★★★★

その重たさにもかかわらず、新型アウディRS6アバントといきなりドラッグレースをしたら引き分けに終わるほど、カイエン・ターボS E-ハイブリッドはパワフルだ。そしてゴール地点では、速度が160km/hを超える。

その重量と前面投影面積をカバーするのが、とてつもないトルクと、ほぼシームレスなシフトチェンジだ。フルサイズSUVを走らせていて、加速しただけで腹にパンチを喰らうような衝撃を感じることはめったにない。

0-100km/h加速の公称タイムは3.8秒と、2.5t近いクルマとしては信じがたいデータだが、乗ればまんざら非現実的な数字でもないと思える。エンジンとモーターの切り替えはスムースで、ドライビングはイージーだ。
0-100km/h加速の公称タイムは3.8秒と、2.5t近いクルマとしては信じがたいデータだが、乗ればまんざら非現実的な数字でもないと思える。エンジンとモーターの切り替えはスムースで、ドライビングはイージーだ。

このクルマは、例外的なレアケースのひとつだ。フルスロットルでの発進加速は、一度体験したらたやすく忘れられるものではない。公称スペックは0-100km/hを3.8秒で駆け抜けるとしているが、信憑性は十分にある。

走り出してみると、2種類のパワーソースが苦もなく共存していることに舌を巻くはずだ。電動モードでスタートすると、速度を上げて走っている間にも、可能な限りエンジンをオフにしようとする。とりわけそれを感じるのが、速度域の高い道路でコースティング走行しているときと、市街地をノロノロと進んでいるときだ。

切り替えは素早くスムースで、不意に加速するようなことは決してない。また、V8が始動するときには、ほとんどコミカルなほどに激しく、ボディを震わすような轟音を響かせるので、気づかずに過ぎることはない。

ハイブリッドモードでは、ある程度まで作動状況をドライビングスタイルに合わせてくれる。エンジンを停止させるべきときをよくわきまえているうえに、ドライバーの右足操作にムラがあっても対応し、ときにフルパワーを発揮する。

そういった意味でいえば、この最強のカイエンを走らせるのは、競合する大型SUVたちと変わらないくらいイージーだ。ハイブリッドシステムの類を持たない、エンジン単体モデルを含めてもそういっていい。

EV走行での最高速度は135km/hに達するという。ただし、そのスピードで走らせた場合、電力消費量は増加する。当然ではあるのだが、それでもバッテリー残量の減るペースは驚かされるほど速い。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事