【MGから新スポーツカー】特許画像を発見 航続距離499kmのEVか 2021年生産開始 欧州

公開 : 2020.06.22 11:20  更新 : 2020.06.23 12:21

2021年に欧州で発売予定の、MGの新しい電動スポーツカーの特許申請画像が発見されました。Eモーション・コンセプトをベースとし、自社開発の電動パワートレインを搭載したEVクーペとなるそうです。

MG 新型スポーツカーはEV

text:Lawrence Allan(ローレンス・アラン)

2017年に上海モーターショーで披露されたEモーション・コンセプトをベースとした、MGの新しい電動スポーツカーの、画像が発見された。

オンライン上にリークしたレンダリング画像は、生産モデルの特許出願用であるとされている。

MGの新型EVスポーツカー 特許画像
MGの新型EVスポーツカー 特許画像

この画像からは、コンセプトをベースとし、アストン マーティンを連想させるフロント・デザイン、長く伸びたテールライトが確認できる。

開発の状況はほとんど明らかにされていないが、AUTOCARは昨年、当初の目標を1年遅らせ、2021年に生産を開始するとの情報を得ている。

しかし、パンデミックの影響により、この計画が変更となるかどうかはまだわかっていない。

Eモーション・コンセプトは、人目を引くバタフライドアを備えていたが、これが生産モデルに引き継がれる可能性は低いようだ。

またコンセプトでは、先進的なコネクティビティ・システムと、フロント・リア両方から操作が可能なタッチスクリーン式インフォテインメントを採用。

MGの新型EVスポーツカー 特許画像
MGの新型EVスポーツカー 特許画像

自社開発の電動パワートレインを使用し、0-97km/h加速4.0秒未満、航続距離499kmを達成するとされていた。

また、小型SUVのMG ZSとフロント・スタイリングを共有しており、また、垂直なテールライトと、スッキリとしたリアデザインを備えた、クラシックなスポーツカーのスタイルを与えられていた。

中国のSAICモーター(上海汽車集団)傘下にあるMGは、現在、コンパクトSUVおよびコンパクトカーのMG 3を提供している。

この新しいスポーツカーは、まったく異なるモデルとなるが、同社のスポークスマンは、確かな需要があると自信を見せている。

欧州での販売価格は、3万ポンド(400万円)以下となると予想されている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

EVの人気画像