【とにかくよく見る】小さなSUV、なぜ売れる 人気車に共通の傾向 原点回帰の流行 価格以外の魅力も

公開 : 2020.10.06 05:50

リセールバリューの高さも追い風に

直近ではコンパクトSUVとしてヤリス・クロスも発売され、2WD・1.5Gの価格は202万円だ。

ヤリスの同グレードを約26万円上まわるが、ヤリス・クロスでは、アルミホイールやインテリジェントクリアランスソナーが標準装着されてパーキングブレーキも電動式に上級化される。

これらを考慮すると、ヤリスと比べた時の実質的な価格上昇は15万円前後に収まる。

しかもヤリス・クロスは、数年後に高値で売却できるため、残価設定ローンの残価率(数年後の残存価値)もヤリスより高い。

その結果、残価設定ローンの月々の返済額は、同等の装備を採用した仕様同士で比べると、ヤリス・クロスがヤリスよりも少し安くなる場合もある。

こういった経済性のメリットも追い風になり、コンパクトSUVは今後ますます人気を高めるだろう。

日本では、カテゴリーを問わず、最終的には小さなクルマに行き着くようだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事