【毎日乗れる4シーターGT】 フェラーリ456GT/456M GT 英国版クラシック・ガイド 前編

公開 : 2020.10.31 07:20  更新 : 2020.12.08 08:40

オーナーの意見を聞いてみる

「12年前、BMW M5より特別なクルマを探していました」。と話すのは456のオーナー、リチャード・ウィリアムソン。「フェラーリF355を所有していて良いクルマだったので、アストン マーティンDB7を売って、456M GTを購入しました」

「珍しい右ハンドルのMT車で、夏の間に乗っています。英国北部は雨が多く、思ったほど乗れていませんが、F355や575Mよりは乗る回数が多いですね」

フェラーリ456GT/456M GT(1992〜2003年/英国仕様)
フェラーリ456GT/456M GT(1992〜2003年/英国仕様)

「以前、3歳だった息子をリアシートに乗せて、欧州を巡る自動車旅行を楽しみました。実用的だと思います。妻が乗る助手席側の背もたれが、一度動かなくなった時は困りました。妻は許してくれましたが」

「走行距離をさほど気にしないで済む、フェラーリの1台です。ただしボディや内装は弱く、部品代は高い。リアのクオーター・ウインドウを交換した時は、片側で1250ポンド(16万円)もしました。456Mの窓は、初期の456より若干大きいようです」

英国で掘り出し物を発見

フェラーリ456GT

登録:1994年 走行:3万6100km 価格:7万1950ポンド(964万円)

スイスで新車登録されたクルマで、2014年に英国に入ってきた。2010年までは初代オーナーが乗っていたという。MT車で、クレマ・レザーの内装にロッソ・メタリザートのボディが鮮やか。

フェラーリ456GT(1994年/欧州仕様)
フェラーリ456GT(1994年/欧州仕様)

初期の3スポークのステアリングホイールが付くが、エアバックはない。見た目は良いけれど。内装は走行距離が短いだけに状態が良い。オリジナルのツールキットとマニュアルが付いている。整備記録も完璧だ。

フェラーリ456GTA

登録:1997年 走行:1万600km 価格:6万8000ポンド(911万円)

右ハンドルのAT車で、驚くほど低走行距離。英国のジャージー島の専門店が販売している。ダークネイビーのレザーシートに、アルジェント・ニュルブルクリンクのボディカラーがシックだ。

長く島にあるようで、ずっとフェラーリ専門店が面倒を見てきたクルマ。譲渡履歴も残っている。

マニュアルなどの一式や、フェラーリ製の充電器とボディーカバーが付いている。タイミングベルトは2015年の主要点検時に交換済み。それ以来、500kmほどしか走っていないようだ。

中古車購入時の注意点などは後編にて。