【タフ顔に新ロゴ】日産マグナイト 新小型SUV登場 全長4m以下 インドに焦点 2021年初頭〜発売

2020.10.21

サマリー

日産は、新型の小型SUV「日産マグナイト」を発表しました。日本でデザインされていますが、インドの顧客に合わせています、全長は4m以下。SUVらしい装備です。内装/外装/安全装備に触れます。

もくじ

日産、新型車「マグナイト」追加
日産マグナイトの車名
日産マグナイトの外観
日産マグナイトの内装
日産マグナイトの装備と安全性

日産、新型車「マグナイト」追加

text:Taro Ueno(上野太朗)

日産は、新型小型SUV「日産マグナイト」を発表した。

マグナイトについて日産は「力強いパフォーマンス、目を引くエクステリア、先進テクノロジーを兼ね揃えており、あらゆる都市環境での運転に最適なモデル」と説明する。

日産マグナイトのフロント。
日産マグナイトのフロント。    日産

マグナイトは日本でデザインされているが、インドの顧客に合わせて栃木試験場で開発されたという。インドでは日産初となる全長4m以下の小型SUVとなる。

2021年初頭にインドで発売後、その他の地域でも発売を予定している。

日産マグナイトの車名

車名の由来は、「Magnetic(魅力のある)」と「Ignite(感情を喚起する)」が由来となっており、インドをはじめとした成長地域における日産の新時代への思いが込められているという。

日産マグナイトのリア。
日産マグナイトのリア。    日産

日産マグナイトの外観

外観について日産は「大胆で斬新なデザイン」と説明する。

「自信に溢れた俊敏なスタンスを保ちながらも、元気で若々しい印象を与えています」とも。

日産マグナイト
日産マグナイト    日産

LEDヘッドランプの下にはL字型のデイタイムランニングライトを採用し、グリル内に日産のブランドロゴが入る。

「よりSUVらしさを際立たせるデザインになっています」と日産。

日産マグナイトの内装

内装について日産は「運転席と助手席の空間が広く、ゆったりとした室内空間を提供しています。また、後部座席はひとクラス上のクルマに匹敵するような足元のゆとりある空間を実現しました」と説明する。

8インチのタッチスクリーンを持つインフォテイメントシステムはアップル・カープレイとアンドロイド・オートに対応し、7インチのTFT液晶ディスプレイを採用する。

日産マグナイトのインテリア。
日産マグナイトのインテリア。    日産

日産マグナイトの装備と安全性

マグナイトは1.0Lターボエンジンを搭載する。

最低地上高は205mm。ヒルスタートアシストや、前後のバンパー下部に装着されたシルバーのスキッドプレート、ルーフレールなど、SUVとしての装備を意識しているようだ。

日産マグナイトが搭載する1.0Lターボエンジン。
日産マグナイトが搭載する1.0Lターボエンジン。    日産

クルマの周囲にある障害物を見やすくする、アラウンドビューモニターを搭載。「都会でのアドベンチャーを楽しむことができるモデルです」と日産は説明する。

 

人気記事