【詳細データテスト】アストン マーティンDBX 絶対値よりバランス重視 自然なハンドリング 惚れるサウンド

公開 : 2020.11.07 11:50  更新 : 2020.11.14 16:49

快適性/静粛性 ★★★★★★★★★☆

たしかにアストン マーティンは、自社初のSUVの開発とチューニングを巧みにこなしてみせた。サスペンションをもっともソフトなセッティングにしても、上下方向のボディコントロールは紛れもなく緊密で、それを波長の長い入力に対するシルクのようなしなやかさが補完する。

これにより、DBXのプライマリーライドは長距離でも抜群に快適なだけでなく、アストンならではのスポーティなGTカーらしいフィールを感じさせもする。

音を反響させやすいアルミを構造材に使っている割に、音環境はなかなかがんばっている。乗り心地は長距離を走るのにも快適だが、荒れた路面を低速で走ると突き上げが気になることもある。
音を反響させやすいアルミを構造材に使っている割に、音環境はなかなかがんばっている。乗り心地は長距離を走るのにも快適だが、荒れた路面を低速で走ると突き上げが気になることもある。    LUC LACEY

轍やバンプから受けるインパクトは、速度が乗っていればきっちり減衰されるが、低速では体感できてしまう。その衝撃は驚くほど強かったり粗野だったりするわけではないが、舗装が荒れた道では衝撃音やタイヤの弾む音が耳に届くこともある。

疑うべくもなくその一因は、このクルマが履く22インチタイヤにあるが、その衝撃の大きさが際立たせるのは、軽くてノイズを反響させる傾向のあるアルミニウム素材を扱うのがいかに難しいかという点だ。

アストンの仕事ぶりは、たしかに悪いものではなかった。そのときおり気になる音環境も、われわれとしては絶対的なマイナス材料だと考えてはいない。

シートはすばらしい見栄えだ。敢えていうなら横方向のサポートに不足を覚えるところがあり、また座面がやや長すぎるようにも思える。一体型ヘッドレストはスポーティなルックスだが、われわれとしてはここも調整できるほうが好みだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事