【詳細データテスト】アストン マーティンDBX 絶対値よりバランス重視 自然なハンドリング 惚れるサウンド

公開 : 2020.11.07 11:50  更新 : 2020.11.14 16:49

操舵/安定性 ★★★★★★★★★☆

先にも触れたように、DBXはどんなときも静かで快適なだけの大型高級車ではない。もしも絶対的な洗練度でベンテイガレンジローバーに倣ったならば、おそらくはサウンドもフィールも走りも、大柄なアストン マーティンだとすぐに実感できるものにはならなかっただろう。

DBXは、高額な大型SUVとしては異例の存在といえる。というのも、意図的に路面の感触をかなり密に伝えてくるからだ。ステアリングは手応えが重く、ダイレクト感があり、握る手にしっかりフィールを伝えてくる。対して、高級SUVの基準からすれば、ノイズや振動はやや大きく、過敏なところがある。それでもしなやかで、ベストな状態にあれば快適だ。

ハンドリングもまた過激なものではないが、速度を上げると俊敏でバランスがよく、ナチュラルなレスポンスもみせる。ただし、舗装のよくない路面でスポーティなセッティングを選ぶと、やや落ち着きのなさが気になる。
ハンドリングもまた過激なものではないが、速度を上げると俊敏でバランスがよく、ナチュラルなレスポンスもみせる。ただし、舗装のよくない路面でスポーティなセッティングを選ぶと、やや落ち着きのなさが気になる。    LUC LACEY

多くの最新高級車と同じく、本当に楽しむためにはよく知る必要があるクルマだ。ステアリングやパワートレイン、サスペンションやエキゾーストのセッティングで、好みのコンビネーションをみつけることが重要になる。

だが、いったんその域に達すれば、このクルマ本来の魅力やスマートさが、走りの魅力を多くのラグジュアリーな高性能4×4より上のレベルへ引き上げる。

スポーツモードは、アダプティブダンパーがよりハードなセッティングになるだけでなく、車高がダウンし、アクティブスタビライザーも締め上げられるので、スムースな路面向きだ。舗装が平滑ならば、アジリティは十分すぎるほどで、高いレベルのボディコントロールやバランスを堪能できる。

いまどきのもっともアグレッシブなチューニングのパフォーマンス4×4に比べれば、グリップも突っ込みも及ばないだろう。しかし、かなりのスピードでもシャープさと落ち着きのバランスが取れている。また、限界がわかりやすく、ナチュラルで一貫性があり、スタビリティを重視した大型車らしいと形容されるようなハンドリングが保たれる。

ところが、英国の平均的なB級道路で、もっとも走り寄りのセッティングを選ぶと、ちょっとばかり頭を揺すられすぎで、横方向のそわつきも気になる。そのため、テスターの多くが、サスペンションのセッティングはややソフトめなGTモードがいいという感想を持った。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×