【高級クーペSUV市場に再び】インフィニティ新車、QX55を発表 2021年春発売開始

公開 : 2020.11.20 22:40

インフィニティは2020年11月18日、北米向け新型SUV QX55を発表しました。FX以来となる高級クーペSUVの投入となります。

もくじ

FX以来のミッドサイズSUVの投入
「インフィニティの個性をアピールするモデル」
日本の「和」をイメージしたデザイン
INFINITI InTouchを採用、室内はラグジュアリーと利便性を兼ね備える
4気筒ターボエンジンは268psを発揮

FX以来のミッドサイズSUVの投入

日産のプレミアムブランド・インフィニティは2020年11月18日、ロサンゼルス発のオンラインイベントにて、新型SUV QX55を発表した。同ブランドではFX以来のミッドサイズSUVクーペの投入となる。QX55は「同カテゴリーに現代的なアレンジを施したモデル」という。

QX55は、事業構造改革「Nissan NEXT」を推進する日産における最新モデルであり、インフィニティとしては同事業計画における初の量産モデルとなる。

新型QX55
新型QX55    インフィニティ

QX55は2022年モデルとして、来年春に北米で発売予定。

「インフィニティの個性をアピールするモデル」

新型QX55は、ミドルサイズSUVクーペのカテゴリーで唯一の日本で開発されたモデル。「刺激的なエクステリアと、華やかで高級感溢れるインテリアデザインを誇るモデル」と表現している。若い世代も含めた新たな購買層をターゲットにデザインされた。

ロサンゼルスのベラスコシアターでのオンラインイベントに登壇した、インフィニティのチェアマンであるペイマン・カーガーは、「新型QX55は、インフィニティの個性をアピールする重要なモデル。スタイルと性能の融合を体現した」と述べた。

エクステリア・フロント
エクステリア・フロント    インフィニティ

日本の「和」をイメージしたデザイン

QX55の象徴とされるダブルアーチグリルのメッシュパターンは、日本の折り紙から着想を得たとされる奥行きのあるデザインで、日本の「和」をイメージしたとされる。

ボディサイドのデザインは、ボンネットからフロントフェンダー、そしてドアパネルを経てリアフェンダーへと流れるようなデザインを描く。

エクステリア・リア
エクステリア・リア    インフィニティ

テールランプは、デジタルピアノの鍵盤のような45個のLEDをひとつのハウジングに収める。このランプデザインは、先日発表されたQX60モノグラフと呼ばれるデザインスタディにも採用されている。

INFINITI InTouchを採用、室内はラグジュアリーと利便性を兼ね備える

室内には、ワイヤレスのアップル・カープレイに対応したデュアルスクリーンのインフォテインメントシステムであるINFINITI InTouchを採用。

アンドロイド・オートにも対応し、USB入力端子も複数搭載する。

インテリア
インテリア    インフィニティ

セミアニリンレザーや本革を使用したシートはQX55の室内空間を華やかに演出する。

使い方に合わせて荷室空間の広さや足元の広さをアレンジできるよう、2列目シートをスライド式にすることなどにより、快適性や利便性も兼ね備える。

 

人気記事