【キング・オブ・アウディ】新型アウディRSQ8が日本発売 価格は1869万円 4L V8は600ps

公開 : 2020.11.29 11:57  更新 : 2020.11.29 12:00

アウディは、2021年2月以降に新型アウディRSQ8を1869万円で発売します。4L V8ツインターボにクアトロを組み合わせ、最高出力は600psです。

もくじ

アウディQ8シリーズ初のRSモデル
4.0L V8ツインターボ、最高出力600ps/最大トルク81.6kg-m
インテリアはスポーティーに、アウディ最新デジタル技術を搭載

アウディQ8シリーズ初のRSモデル

アウディ ジャパンは、フルサイズ・クーペスタイルSUVのアウディQ8シリーズに、初となるRSモデルのアウディRSQ8を設定し、2021年2月以降、全国のアウディ正規ディーラーを通じて発売する。

アウディQ8は、2019年に大型SUV市場においてよりスポーティでラグジュアリーなモデルを志向する消費者に向けて導入したクーペスタイルのSUVモデル。

アウディRSQ8
アウディRSQ8    アウディ

アウディQモデルのデザインモチーフである八角形のシングルフレームグリルや、アウディの代名詞であるクワトロ四輪駆動を象徴するブリスターフェンダーなど、ダイナミックなスタイリングを特長とする。

アウディRSQ8は、アウディのハイパフォーマンスモデルを手掛けるアウディ・スポーツGmbHによって開発されたモデル。エクステリアは、ハイグロスブラックのラジエーターグリルやルーフエッジスポイラー、リアスカート、楕円テールパイプなど、数々のRS専用パーツや、大径23インチアルミホイールは、より一層Q8のスタイリングを際立たせる。

4.0L V8ツインターボ、最高出力600ps/最大トルク81.6kg-m

パワーユニットは、最高出力600ps、最大トルク81.6kg-mを2050rpmから4500rpmまでの広い回転域で発生する4L V8ツインターボ・エンジンに、トランスミッションは8速ティプトロニックを組み合わせ、48Vマイルドハイブリッドシステムやシリンダーオンデマンドを採用する。

駆動方式はクアトロフルタイム四輪駆動で、セルフロッキング・ディファレンシャルを搭載。

アウディRSQ8
アウディRSQ8    アウディ

サスペンションは、よりスポーティなチューニングを施したRSアダプティブ・エアサスペンションを標準採用。

さらに、状況に応じて後輪を最大5度、前輪と逆位相に操舵することで低速走行時には取り回し性能を、高速走行時には同位相によってステアリングレスポンスを高める4輪操舵システム、オールホイールステアリング、RSモードを持つドライブセレクトを標準装備とする。

インテリアはスポーティーに、アウディ最新デジタル技術を搭載

インテリアは、アルカンターラ、レザーのスポーツシートやオプションのレザーシートパッケージ、専用モードを備えたアウディ・バーチャルコックピットなどにより、スポーティに仕上げた。

アウディ最新のデジタル技術やセーフティ技術も搭載。10.1インチと8.6インチの2つのタッチディスプレイを採用したMMIタッチレスポンスからなるインフォテイメントシステムを採用。オーディオにはバング&オルフセンの3Dサウンドシステムを標準装備。

アウディRSQ8
アウディRSQ8    アウディ

また、アダプティブ・クルーズコントロールやアダプティブ・ドライブアシスト、エマージェンシー・アシストやアウディプレセンスリア、アウディサイドアシストなど、数々の運転支援システムを備える。

ステアリングは右、左を用意、価格は1869万円。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事