【大きさ/価格/航続距離は?】トヨタ、超小型EVのシーポッドを発売 個人向け販売は2022年を目途に計画 

公開 : 2020.12.25 19:45

トヨタは、2人乗りの超小型EVのシーポッドを、2020年12月25日より、法人ユーザーや自治体などを対象に限定販売を開始しました。価格は165万円からです。

もくじ

2人乗りタイプのEV
様々なシーンで移動の自由を提供
シンプルなデザイン 安全性は?
シーポッドの主要諸元

2人乗りタイプのEV

トヨタは、超小型EVのシーポッドを、2020年12月25日より、EV普及に向けて検討を進めてきた法人ユーザーや自治体などを対象に限定販売を開始した。EVの新たなビジネスモデル構築など普及に向けた体制づくりを一層推し進める。個人向けを含めた本格販売については、2022年を目途に開始する計画という。

新型車のシーポッドは、環境に優しい2人乗りタイプのEVとして誕生。人の移動における、1人当たりの高いエネルギー効率を追求した。日常生活における近距離移動に加え、定期的な訪問巡回といった法人利用や、都市・山間部などそれぞれの地域に即した安心・自由かつ環境に良い移動手段を目指し開発された。

トヨタ・シーポッド
トヨタ・シーポッド    トヨタ

トヨタは、EVのさらなる普及を進めていくため、ラインナップを拡充するとともに、「協調」の姿勢でオープンに仲間を募り、新たなビジネスモデルの構築を目指すという。

まずは日本で、シーポッドや歩行領域EVのトヨタiロードを用いて開始。現在、200以上もの法人や自治体とともに検討を進める。

具体的には、今回のシーポッド発売を機に、EVならではの新たなサービスを実証的に提供する。最適な充電設備工事とCO2フリー電力などのEV向け電力プランについて、1つの窓口でサポートする法人向けワンストップサービスの「トヨタ・グリーン・チャージ」を中部電力ミライズと共同開発。同社ならびに関西電力、東京電力エナジーパートナーと提携して同サービスを展開する。

さらに、観光情報とのセットでトヨタ・シェアを活用し、利用者の観光・周遊促進を図る「EVカーシェア」など、順次進めていく予定という。

様々なシーンで移動の自由を提供

シーポッドは、全長2490mm×全幅1290mm×全高1550mmのコンパクトなボディ。最小回転半径を3.9mとし、曲がり角や車庫入れ時などにも切り返しが少ない優れた取り回しを実現。

また、リチウムイオン・バッテリーをシート足元の床下に搭載し、段差の少ない低床フラットフロアを実現。モーターはリアに配置する後輪駆動(RR)となる。軽量なボディと路面の凹凸を吸収する独立懸架式サスペンションとの組み合わせが、乗り心地と安定感のある走りを実現した。

トヨタ・シーポッド
トヨタ・シーポッド    トヨタ

航続距離は、日常生活では不足のない150km(WLTCモード値 クラス1・充電電力使用時走行距離。国土交通省審査値)となる。

さらに、自宅でも外出先でも気軽に充電可能な「普通充電」に標準対応。付属の充電ケーブル(AC200V/AC100V兼用)をコンセントに接続するだけで充電が可能。また、外出先ではEV/PHV充電サポートに加入することで、Gステーション(充電器)が設置されているトヨタ車両販売店(約4200基)をはじめ、全国の普通充電スポット(約1万800基)での充電が可能となる。

このほか、停電・災害時などの緊急時に役立つ、最大1500W(AC100V)の外部給電機能を標準装備。助手席足元に設置されたアクセサリーコンセントに加え、オプションのビークルパワーコネクターを車両前方の普通充電インレットに差し込めば、外部給電用のコンセントとして約10時間程度の電力を供給可能。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事