【70kgの軽量化を実現】新型BMW M5 CS 1月末発表予定 専用ディテール採用

公開 : 2021.01.03 16:25  更新 : 2021.01.03 23:21

BMWのM部門は、1月下旬に新型M5 CSを公開予定であると発表しました。M5コンペティションよりパワフルな635psを発揮するパフォーマンスセダンで、随所にゴールドブロンズカラーがあしらわれています。

ヘッドライトはモータースポーツ風

text:Piers Ward(ピアーズ・ワード)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

BMWは、新型M5 CSを今月下旬に発表予定であるという。M部門のトップであるマーカス・フラシュがインスタグラムの投稿で明かした。

最高出力はM5コンペティションの625psを超える635psを発揮。0-100km/h加速は3秒近いタイムを出すだろう。

BMW M5 CS
BMW M5 CS    BMW

インスタグラムの投稿の背景には「You shall drift everyday」というサインが記されており、このクルマの性格を物語っているものと思われる。

M5コンペティションより70kgの軽量化が施されており、どこで重量を削っているのかは現段階では不明だが、M3やM4と同様にカーボン製のバケットシートが採用されることは確認されている。

しかし、多くの軽量モデルとは異なり、M5 CSにはリアシートが搭載されるため、パフォーマンスのために実用性が完全に犠牲になっているわけではないようだ。

フラシュCEOはまた、M5とは一線を画すデザインの一部を公開している。フロントグリル周り、鍛造アロイホイール、サイドストレークがゴールドブロンズとなっている。また、フロントグリルには「M5 CS」のバッジがさりげなく添えられている。

カーボンセラミックブレーキにはレッドキャリパーを採用。珍しいことに、モータースポーツの伝統に敬意を表して、イエローのヘッドライトも装備している。

フラシュはセッティングについては言及していないが、専用エグゾーストや強化サスペンションの採用を期待したいところだ。

価格もかなり高額になるだろう。M5が英国で10万2235ポンド(1415万円)からとなっているが、それをはるかに超えるはずだ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事