【スタイリングに心奪われる】フォルクスワーゲン・アルテオン・シューティングブレーク Rラインへ試乗

公開 : 2021.01.03 19:05

フェイスリフトで追加となった、アルテオン・シューティングブレーク。2.0Lガソリンターボへ試乗しました。動的性能やハンドリングはライバルほどではないものの、スタイリングと空間の広さが魅力だと、英国編集部は評価します。

もくじ

320ps版のアルテオン「R」も追加予定
運転席からの視界に優れる上質な車内
Eクラスより広い後席と実用的な荷室
選びたくなる華やかなスタイリング
フォルクスワーゲン・アルテオン・シューティングブレーク Rライン2.0 TSI DSG(英国仕様)のスペック

320ps版のアルテオン「R」も追加予定

text:Richard Lane(リチャード・レーン)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
ドイツ語で「市民のクルマ」を意味するフォルクスワーゲン。今では貴族階級のニーズに合わせて誕生した、シューティングブレークも生産するようになった。

2021年のフェイスリフトで追加されるアルテオンのシューティングブレークを、筆者はとても魅力的に感じている。オリジナルの4ドアハッチバックより強い個性があり、車内空間も広い。

フォルクスワーゲン・アルテオン・シューティングブレーク Rライン2.0 TSI DSG(英国仕様)
フォルクスワーゲン・アルテオン・シューティングブレーク Rライン2.0 TSI DSG(英国仕様)

未来的だったハイブリッドの限定モデル、XL1並みにエキゾチックだ。近年ではフェラーリとメルセデス・ベンツ、ポルシェのみが用意していたボディスタイルでもある。

エンジンは、フェイスリフト前と同様に4気筒ガソリンのTSIとディーゼルのTDIが選べ、どちらも充分パワフル。今回は、189psの2.0L 4気筒ガソリンターボを試乗した。トランスミッションは7速DSGで、アルテオンとしては最人気グレードになるだろう。

アルテオンは基本が前輪駆動。四輪駆動の4モーションも、英国では1700ポンド(23万円)の追加の費用を支払えば、2.0LのTDIを除いて選択できる。

別の四輪駆動が追加される計画もある。1.4LのPHEVとなるeハイブリッドのほかに、ゴルフRと同じEA888型2.0Lエンジンを載せたアルテオンも登場するらしい。最高出力は320psを獲得し、全天候対応ワゴンとしてアウディS4を追い詰めることになる。

これまで存在していたTSIのフラッグシップ、280ps仕様を補完する役割もある。おそらく、ドライビングの興奮度は大きく勝るはず。英国での価格は、5万ポンド(675万円)前後になる見込み。

運転席からの視界に優れる上質な車内

英国で展開されるトリムグレードは、エレガンスとRラインの2種類。Rラインではアルミホイールが大径になり、プライバシーガラスが装備されるものの、それ以外で装備面での目立った違いはない。メカニズムに関しては、同じと考えて良い。

どちらのトリムグレードを選ぶかは、どれだけアルテオンの主張を強めたいか、によるだろう。今回試乗したのはRラインとなる。

フォルクスワーゲン・アルテオン・シューティングブレーク Rライン2.0 TSI DSG(英国仕様)
フォルクスワーゲン・アルテオン・シューティングブレーク Rライン2.0 TSI DSG(英国仕様)

エンジンやトリムグレードを問わず、インテリアの雰囲気はSUVのトゥアレグに近い。サイズはこちらの方が小さいけれど。

車内の操作系は、タッチセンサーやモニター類に集約するというフォルクスワーゲンの流れを汲むが、全体的な質感はかなり高い。デザインの見た目は新鮮味が薄いものの、パネルなどのテクスチャーは上質。アウディの内装より、温かみを感じると思う。

運転席からの視認性は素晴らしい。フロントガラス左右のAピラーは細身で、サイドやリアのグラスエリアは広い。周囲がよく見えるから、シューティングブレークの運転は想像以上にしやすい。

Rラインに標準装備されるパノラミック・ガラスルーフのおかげもあり、車内は明るく開放的。ポルシェ・パナメーラ・スポーツツーリスモに近い雰囲気もある。長距離移動も、心地良い時間になるはずだ。

実際に走らせると、もちろんポルシェとは異なる。ダイナミックなスタイリングだが、アルテオンはどちらかといえば穏やかな方。少しのスポーティさも匂わせるが、パサート・エステートとも異なる。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事